デュッセルドルフで開催されたアメリカ代表戦 鎌田大地、三笘薫の2ゴールにより日本代表が快勝

soccerball on wide green grass field

Photo by Pixabay on Pexels.com

キリンチャレンジカップ 2022

日本代表 vs アメリカ代表

ドイツのデュッセルドルフで開催されたアメリカ代表との一戦

ワールドカップ出場国同士の対戦でもあり、非常に注目が集まった一戦となりましたね。
日本代表はワントップにFW前田大然、2列目にMF久保建英、MF鎌田大地、MF伊東純也らを起用するフォーメーションで試合が開始します。

ワールドカップ本大会メンバー選考前でもあり、試合に出場した選手は非常に強度の高いプレーを見せていたのではないでしょうか。

特にこの試合は中盤のダブルボランチとして先発メンバーに起用されたMF遠藤航、MF守田英正 両選手のディフェンスからの素早い攻撃が目立ちましたね。

前半の鎌田選手の先制ゴールのシーンもそうですが、アメリカ代表は中盤で自由にボールを持たせてもらえず、縦パスに対するボール奪取から幾度となく日本のチャンスとなっていました。

そして後半にはプレミアリーグのブライトンで活躍するMF三笘薫選手のドリブル突破から試合を決定づける追加点。
縦へのドリブル突破は非常に警戒されていた感じがしましたが、その逆を突くような形で中央にカットインしての鮮やかなゴール。

改めてその才能を世界に知らしめる事になったのではないでしょうか。

次節のエクアドル戦も非常に楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。