第101回全国高校サッカー選手権 注目校ご紹介・優勝争い予想

blue orange black green white adidas soccer ball on green field

Photo by Pixabay on Pexels.com

第101回 全国高校サッカー選手権

2022年カタールワールドカップ開幕で盛り上がりを見せる中、
年末の注目イベントである全国高校サッカー選手権の組み合わせが11月21日に発表されています。

組み合わせ

ここで各ゾーン別の注目校のご紹介・優勝争い予想をしてみたいと思います。

【Aゾーン】
青森山田高校、米子北高校、注目FW福田師王選手らを擁する神村学園高校(鹿児島県)などを軸とした展開となるでしょうか。
FW森重陽介(清水エスパルス内定)選手擁する日大藤沢高校(神奈川県)などにも注目でしょう。

【Bゾーン】
注目MF名願斗哉(川崎フロンターレ内定)選手らを擁し、激戦区大阪府予選を突破した履正社高校が軸となる展開でしょうか。
岡山学芸館高校、國學院久我山高校などにも注目でしょう。

【Cゾーン】
日体大柏高校(千葉県)、飯塚高校(福岡県)、芦屋学園高校(兵庫県)など、激戦区を勝ち抜いた注目の初出場校が集まっています。
柏レイソル内定FWオウイエ・ウイリアム選手を擁する日体大柏高校、セレッソ大阪内定MF阪田澪哉選手擁する 東山高校(京都)などに注目でしょう。

【Dゾーン】
プレミアリーグEASTにて前橋育英高校、注目MF荒井悠汰選手(FC東京内定)を擁する昌平高校、大津高校などを軸とした展開でしょうか。

今大会も非常に混戦が予想される大会になりそうですが、青森山田高校、履正社高校、日体大柏高校、前橋育英高校、昌平高校などが優勝争いの中心になりそうな気がしますね。

12月29日に開幕する 第101回全国高校サッカー選手権
どのような展開になるのか非常に楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。