プレミアリーグ2021WEST第8節 ヴィッセル神戸U-18が厚みのある攻撃を見せ初勝利を飾る

2021west8 u 18 - プレミアリーグ2021WEST第8節 ヴィッセル神戸U-18が厚みのある攻撃を見せ初勝利を飾る

プレミアリーグ2021WEST 第8節

ヴィッセル神戸U-18 vs 京都サンガU-18

コロナ禍の中高校生年代最高峰のリーグ戦であるプレミアリーグWESTの第8節が行われています。

今年のリーグ開幕から未だ勝利の無いヴィッセル神戸U-18でしたが、今節は厚みのある攻撃から得点を重ね勝利を飾っています。
特に左サイドのNo34廣畑俊汰選手は序盤から果敢にオーバーラップを試み、1点目、2点目はドリブル突破でチャンスを作り、3点目は自身でゴールを決めるなどこの試合の全3得点に絡む活躍を見せてくれていました。
まだ1年生という事もあり、今後が非常に楽しみな選手ですね。

【WEST第8節の試合結果】
1 セレッソ大阪U-18 – ジュビロ磐田U-18 (延期)
2 ヴィッセル神戸U-18 3-0 京都サンガF.C. U-18
3 東福岡高校 0-4 サンフレッチェ広島F.Cユース
4 サガン鳥栖U-18 1-1 大津高校
5 名古屋グランパスU-18 - ガンバ大阪ユース (延期)

各チーム試合数がばらばらですが、暫定でサンフレッチェ広島ユースが首位をキープしています。
次節も非常に楽しみでですね。

WEST第8節ダイジェスト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。