高校サッカー プリンスリーグ関東 2018年度参加チーム決定

昨日、プリンスリーグ関東参入決定戦が行われ、矢板中央高校と桐生第一高校がそれぞれ参入決定戦に勝利し、来年度のプリンスリーグ関東の参加チームが全て決定した。

来年4月から始まる新年度のプリンスリーグ関東の戦いからも目が離せない。

【2018年度プリンスリーグ関東参加チーム】
・大宮アルディージャユース(埼玉県)※プレミアリーグEASTより降格
・横浜F・マリノスユース(神奈川県)※プレミアリーグEASTより降格
・前橋育英高校(群馬県)
・三菱養和SCユース(東京都)
・川崎フロンターレU−18(神奈川県)
・山梨学院高校(山梨県)
・桐光学園高校(神奈川県)
・東京ヴェルディユース(東京都)
・矢板中央高校(栃木県)※栃木県リーグより昇格
・桐生第一高校(群馬県)※群馬県リーグより昇格

【都道府県リーグ降格チーム】
・ジェフユナイテッドU-18(千葉県)
・横浜FCユース(神奈川県)
・鹿島学園高校(茨城県)

来年度のリーグ展望を予想すると下記4チームを中心にリーグが展開されるのではないかと考えている。

・横浜F・マリノスユース
・前橋育英高校
・川崎フロンターレU-18
・三菱養和SCユース

来年度のプレミアリーグ参入戦の参加枠はおそらく現状維持の3であろうと思われるから激戦は必須だ。

前橋育英高校、川崎フロンターレU-18の2チームに関しては実力を兼ね備えたチームにも関わらず未だプレミアリーグに参入する事が出来ていないために、ぜひとも来年度は参入戦を勝ち上がり、よりハイレベルなリーグで戦ってみて欲しいと考えている。

また、今年プリンスリーグ関東への参入を勝ち取った矢板中央高校、桐生第一高校に関しては、高校サッカー選手権などで共に近年目覚ましい活躍を遂げている高校であるため、プリンスリーグでの躍進も期待したい。

ハイレベルな争いが繰り広げられるプリンスリーグ関東出あるが無料で観戦できるため皆さんもお時間のある週末にお近くの競技場に足を運んでみてはいかがだろうか。

気持ちの良い高校年代のサッカーが楽しめることだろう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA