UEFACL2019-20バルセロナはメッシのゴールでスラヴィア・プラハを制す

ハイライト


UEFACL2019-20予選リーグ
バルセロナがスラヴィアプラハのホームに乗り込んでの一戦。

バルセロナのフォワードには左からグリーズマン、スアレス、メッシが並びます。

シーズン開幕当初に想定していたベストのフォーメーションではないでしょうか。

先制点はメッシでした。
メッシが右サイドでボールをキープし、逆サイドに展開します。

左サイドから仕掛けをする間にメッシが中央に入り込み、タイミング良くボールを受け、ダイレクトでシュートを決めています。

スアレス、メッシによる素早いポジションチェンジが生んだゴールと言えるでしょう。

その後同点に追い付かれますが、後半にメッシのフリーキックのこぼれ球をスアレスが押し込み、結果2-1でバルセロナが勝利しています。

メッシの身体のキレが少し気がかりではありますが少しずつ、バルセロナ攻撃陣の連携が良くなって来ている感じがしますね。

次の試合も非常に楽しみです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA