UEFAチャンピオンズリーグ2017/2018 優勝予想




レアルマドリードの優勝にて幕を閉じた2017年クラブワールドカップであるが
来年度のクラブワールドカップに向けた戦いがすでに始まっている。
今年のUEFAチャンピオンズリーグも予選リーグを終え、いよいよ決勝ラウンド16が開始される状況だ。
ここでその決勝ラウンド16の対戦カードをご紹介するとともに大会の展望を予想してみたい。

【決勝ラウンド16の対戦カード】
・ユベントス vs トッテナム
・バーゼル vs マンチェスターC
・レアルマドリード vs パリサンジェルマン
・ポルト vs リバプール
・チェルシー vs バルセロナ
・バイエルン vs ベシクタシュ
・シャフタール vs ローマ
・セビージャ vs マンチェスターU

300x168 - UEFAチャンピオンズリーグ2017/2018 優勝予想

この中で最も注目のカードといえば、やはりレアルマドリード vs パリサンジェルマン だろう。
昨年のヨーロッパ王者であるレアルマドリードとネイマールをバルセロナより獲得し、もはや半ばブラジル代表化しつつあるパリサンジェルマンの対戦である。

ネイマールやクリスティアーノロナウドなど、どちらのチームにも得点力の高いストライカーが多く所属し、激しい点の取り合いとなる試合展開が予想されるが、筆者はレアルマドリードのリーグ戦での不調や、最近のパリサンジェルマンの攻撃力を見ていると、パリサンジェルマンの勝利も十分に予想されるのではないかと考えている。
この戦いを制覇したチームが波に乗り、頂点まで勝ち上がる事は十分に考えられるため、要注目のカードだ。




続いて少し気が早いのだが、ラウンド16の段階での優勝予想を考えてみたい。
筆者が考える現段階の優勝予想は以下の通りとみている。

●1位 バルセロナ (優勝確率 35%)
得点源であったネイマールがパリサンジェルマンに移籍し得点力ダウンは予想されていたが、今期のバルセロナはリーグ戦でも首位を維持しチームとしての
まとまりを見せている。クラブの象徴になりつつあるメッシの長期契約締結によりチーム内に一体感のようなものが生じている可能性があり、依然として優勝候補筆頭であることに変わりはないと考えている。

●2位 パリサンジェルマン (優勝確率 30%)
バルセロナよりネイマールを獲得し、前線の攻撃力が数段増している。ネイマールをサポートするブラジル代表選手が多く在籍するため、パフォーマンス向上も予想される。
予選リーグ25得点にも表れているように特にホームの試合における攻撃力は圧巻であった。初戦の組み合わせのレアルマドリード戦をものにすればその勢いで優勝までいく可能性は十分だ。

●3位 マンチェスターC (優勝確率 20%)
現在イングランドプレミアリーグにて歴代連勝記録を更新中であり、グアルディオラ監督の戦術が浸透しつつある強豪チームだ。
初戦の対戦カードにも恵まれ、この勢いのままチャンピオンズリーグも頂点まで駆け上る可能性は十分に考えられる。
ただし、得点源であったストライカー ガブリエル・ジェズスの負傷欠場の穴をどこまで埋められるか。チームの底力が試されている。

●4位 レアルマドリード (優勝確率 15%)
予選リーグは2位通過と本調子ではないものの、クラブワールドカップ2連覇によるチームのモチベーションは高い。
ジダン監督の戦術も浸透しつつあり、初戦のパリサンジェルマン戦を勝利すれば優勝も見えてくる。

来年の2月14日から始まるチャンピオンズリーグの決勝ラウンド16が今から非常に楽しみだ。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA