UEFA CL2019-2020予選リーグ バルセロナ-ドルトムントはドローで終える

ハイライト

UEFACLの予選リーグ
ドルトムントのホームで行われた注目の一戦はドローにて終了。

バルセロナはスアレス、グリーズマン、そして16歳の新星ファティを前線に配置。

後半途中からファティに替えてメッシを投入するものの、結果としてゴールは奪えず。

ホームのドルトムントも好機を作り出すものの、PK失敗などが響き、結局無得点に。
内容的にはホームのドルトムントが勝っても不思議ではない試合でしたね。

今後の予選リーグの戦いが非常に楽しみです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA