リーガ3節バルセロナはアウェーオサスナ戦をドローで終える

リーガ3節 オサスナ-バルセロナ

ハイライト

メッシ、スアレスを欠場で迎えたアウェーでのオサスナ戦

バルセロナは今シーズンから加入した、フランス代表グリーズマン、オランダ代表フレンキー・デ・ヨングを中心にボールを支配するも、2-2のドローでゲームを終えています。

センタリングからヘディングシュートでのゴールなど、メッシ、スアレスが出場したゲームではあまり見られないような攻撃パターンがいくつか見受けられましたね。

ディフェンス面など、バルセロナ全体的にちぐはぐな感は否めませんが、試合をこなす内にチームは徐々にまとまっていくのでしょうか?

メッシの契約解除の報道も出始めるなど、バルセロナの先行きは不透明ですね。

FCバルセロナの戦略、フォーメーションに関してはこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA