プレイバッククラシコ 2011スペインスーパーカップ バルセロナ-レアルマドリード

スペインスーパーカップ2011

スペインスーパーカップでのバルセロナとレアルマドリードの一戦

バルセロナは前線にメッシ、ビジャ、ペドロ、中盤にイニエスタ、シャビ、ブスケツを配置するフォーメーション。

対するレアルマドリードは前線にクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、ディマリア、中盤にエジル、シャビ・アロンソ、ケディラを配置するフォーメーションで挑みます。

お互いのチームカラーが出た試合展開となり、バルセロナは後方からビルドアップをしながらチャンスを伺い、レアルマドリードは前線にロングボールを供給しながら素早い攻撃をしかける展開が続きます。

今から9年前のゲームですが、現在も活躍するスター選手の若かりし頃のアグレッシブなプレーが非常に面白いですね。

特にクリスティアーノ・ロナウドについて、この頃は持ち味のスピードを活かしたドリブルでの仕掛けのシーンが多く、バルセロナのダニエル・アウベスとの駆け引きが非常にハイレベルで面白いですね。

バルセロナの攻撃陣に関してはイニエスタ、メッシが絡む絶妙なパス交換から何度もゴールが生まれ、今見ても素晴らしいチームだと改めて感じさせてくれます。

一流選手達の素晴らしいゲームは見るたびに新たな発見があり、何度見ても面白いものてすね。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA