GKテア・シュテーゲンのロングフィードからスアレスのゴールによりバルセロナはヘタフェに勝利

ハイライト

バルセロナがヘタフェとの一戦で勝利を上げています。

先制点は前半でした。
バルセロナのゴールキーパーのドイツ代表テア・シュテーゲンが相手ディフェンスラインの裏に正確なフィード。

スアレスのポジションを把握したうえでの非常に正確なパスでしたね。

抜け出したスアレスは落ち着いてループシュートを決めています。

ヘタフェのディフェンスラインもゴールキーパーからあれだけ正確なフィードが来るとは思っていなかったのではないでしょうか。
少し最終ラインのポジショニングが甘かったような気もしますね。

後半にもシュートのこぼれ球をフィルポが押し込んで、バルセロナが2-0と勝利しています。

少しずつ調子を上げてきたバルセロナ。
今後のリーグ展開が楽しみです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA