PSVの堂安はクラブブルージュとの親善試合に出場しゴール

PSV-クラブブルージュ

ドーハで行われた親善試合
日本代表の堂安律選手が所属するオランダリーグの名門PSVとベルギーリーグの強豪クラブブルージュの一戦

観客もまばらな親善試合の一戦でしたが、試合の方はお互いアグレッシブに点を取り合う展開となりました。

先制をしたのはクラブブルージュ。
右サイドからのクロスボールをペナルティーエリア内でポジションをとった選手がオーバーヘッド気味のボレーで先制します。

続いてのゴールもクラブブルージュ。
コーナーキックのこぼれ球をディフェンスの選手がボールコントロールし、そのまま左足でボレーシュートを流し込みます。

対するPSVもチャンスを数多く産み出すものの、ゴール前の決定機を何度も外し、得点を奪えず後半へ。

後半に出場した堂安律選手がゴール中央てボールを受け一点を返しますが、反撃もここまで。

東京オリンピックにも主力として期待がかかる今年はリーグ後半戦も得点という結果を残し続けて欲しいところですね。

ゲームハイライト


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA