UEFAネーションズリーグ2020ドイツ代表はヴェルナーの先制ゴールも終盤に追いつかれスペイン代表とドロー

UEFAネーションズリーグ2020

ドイツ代表-スペイン代表

UEFAネーションズリーグ2020強豪国同士の一戦。
ドイツ代表は前線にヴェルナー、レノイ・サネの2トップ、スペイン代表はフェラン・トーレス、ロドリゴ、ナバスの3トップで試合に挑みます。
両国共にトップクラブでプレーする選手が多いため、紅白戦を見ているような気分にもなりましたが、やはりゴール前では激しい競り合いを繰り広げるなど、無観客試合ながら非常に白熱したゲームでしたね。

特に印象的だったのは今シーズンマンチェスター・シティからバイエルンミュンヘンに加入するレノイ・サネでしょう。
前半からそのスピードを活かした突破で幾度もチャンスを生み出していました。
後半にも右サイドを突破しヴェルナーへ決定的なパスを通すなど、終始スペイン代表ディフェンス陣の脅威になり続けていましたね。
試合は1-1のドローで終えましたが、スペイン代表のアンス・ファティが代表デビューを飾るなど、見所の多い試合でしたね。

次節のUEFAネーションズリーグも非常に楽しみです。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA