サウジアラビア戦敗退を経て今後の日本代表はどのような変化をするのか

2 - サウジアラビア戦敗退を経て今後の日本代表はどのような変化をするのか

サウジアラビア戦で予選2敗目を喫した日本代表

ワールドカップ本大会出場の雲行きが少し怪しくなってきた感じがしますね。

3連勝と好調なスタートを切ったオーストラリア、サウジアラビアに対して勝ち点6差の3位につける日本代表
現状ではグループリーグ2位以内の予選通過が厳しい状況と言えるでしょう。

森保監督解任論が出始めるなど、追い詰められつつある現日本代表ですが、オフェンス陣のメンバーをがらっと変えてもいいのではないかと思いますね。

ミスパスをした中盤の柴崎にしてもそうですが、オフェンス陣は大迫・鎌田・南野中心で戦ってきた訳ですが、所属クラブにおいて十分な出場機会を得ている選手ばかりではないのが現状でしょう。

チーム内の競争心を高めるという意味でも、代表での活躍にハングリー精神をもっていそうな、若手を抜擢してみてはどうなのでしょか。
予選3位で終えるとなるとプレーオフという非常にスリリングな展開が待ち受ける事になりますね。

そのような事態も観ている方は面白いと言えば面白いのですが、ワールドカップ出場機会を逃してしまえば、サッカー界にとってのダメージは大きなものになるでしょう。

筆者個人的にはFW前田大然、MF三笘薫、MF田中碧らの起用で現状を打破して欲しいですね。

今後の日本代表のチームマネジメントに注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。