Jリーグ 2018シーズン優勝予想

昨年のJリーグは川崎フロンターレの初優勝で幕を閉じ、早いものでもうすぐ2018シーズンのJリーグが開幕しようとしている。

現在はシーズンオフ期間という事で、各チーム様々な選手の移籍交渉を進めている最中だ。
ここで筆者独断ではあるが今シーズンのJリーグ優勝予想をしてみようと思う。
優勝確率の高そうな順に並べてみた。

 

1位 セレッソ大阪
昨年のJリーグ3位、Jリーグ杯優勝、天皇杯優勝と非常に安定した戦いを見せており、過去の成績を振り返っても過去最高成績を収めたシーズンと言えるだろう。杉本、柿谷、清武、山口等の日本代表候補メンバーを始め主力の選手層に勢いがあり、かつ非常に厚みがあるのが特徴だ。さらに今季は昨季の布陣に加えてレッズ高木、ヘルシンキ田中等即戦力選手を数名を補強しており、ACLや、天皇杯、Jリーグなどいくつかのタイトルを獲得する可能性は高いだろう。

 

2位 鹿島アントラーズ
昨シーズンは川崎フロンターレとの激戦の末に得失点差でおしくもJリーグ2位となったが、ドイツブンデスリーガより内田篤人が加入したことによりディフェンスの安定感は増すはずだ。植田、昌子のセンターバックは日本代表戦等でも経験値を積み増しており、今シーズンも優勝候補であることには間違い無い。

 

3位 川崎フロンターレ
昨シーズンのJリーグ覇者。優勝メンバーがほぼそのまま残る事は大きなアドバンテージだろう。森本、三好などのバックアップメンバーが流出する事により選手層に若干の不安が残るものの、FC東京から戻り加入した大久保義人や横浜Fマリノスから電撃移籍により加入した齋藤学も加わり、連覇を狙えるチーム状態といっていいだろう。
懸念されるのはJリーグとACLの過密日程により、チームの大黒柱中村憲剛がコンディションを維持できるかどうかだろうか。

 
4位 柏レイソル
昨シーズンはリーグ5位と、まずまずの成績であった柏レイソル。
下部組織出身の選手で固められた中盤からディフェンス陣は非常に安定感があり、将来性も高い。
今シーズンも主力はほぼ同様のメンバーで戦うこととなるため、経験値の積み増しは大きいだろうと思われる。
若いチームだけに波に乗ればリーグタイトルを獲得する可能性はあるだろう。

 

5位 浦和レッズ
昨シーズンのJリーグの成績は今ひとつであったが、昨年末のACL優勝によりチームの士気は高まっているだろうと思われる。昨シーズンのゲーム支配率(ボールポゼッション)はリーグ1位。ラファエルシルバや高木等の有力選手が流出している点が気にかかるが、横浜Fマリノスからマルティノスが加入し、ユース監督時代の教え子である山田直樹もレッズへ復帰したことで、堀監督の戦術がチーム内に浸透してくれば、Jリーグタイトルも可能性は十分あるだろう。

 

蓋を開けてみないと結果はわからないとは思うが、昨シーズンよりJリーグ上位チームには高額な強化費が分配される事になっている。
そのような背景もあり、上位チームにはさらなる補強がなされ、下位チームとの実力差が出てくるだろうと予想される。
2018年のJリーグがどのように展開されるか今から非常に楽しみだ。
 
 
Jリーグの観戦チケット購入はちけっとぴあで
bn afsp 120702 320 50 - Jリーグ 2018シーズン優勝予想show?id=HvAiw44h95w&bids=292260 - Jリーグ 2018シーズン優勝予想

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA