2020年J1開幕戦オルンガ、江坂のゴールで柏レイソルはコンサドーレ札幌を下す

柏レイソル-コンサドーレ札幌

2020年シーズンのJ1開幕戦
久々にJ1の舞台に戻ってきた柏レイソルはホームでコンサドーレ札幌との一戦。
柏レイソルはワントップにオルンガを配置するフォーメーションで初戦を迎えます。

オルンガと言えば昨シーズンJ2京都戦で衝撃の8ゴールを奪った注目の選手ですが、
今日の試合もその能力をいかんなく発揮していましたね。

特に印象的だったのはオルンガの2点目でしょうか。
前線にスペースがある状態でオルンガに渡ると相手チームにとっては非常に危険な選手と言えるのではないでしょうか。

上背もあり、ヘディングでも得点を量産できそうなオルンガですが、そのスピードもトップクラスと言えるでしょう。
予測のつかないような加速と大きなストライドにより、ディフェンスの選手が目測を誤って突破を許してしまうゴールシーンと言えるでしょう。

この試合に敗れたコンサドーレ札幌は前半の決定機を活かせなかった点が敗因と言えるのではないでしょうか。
チャナティップ、鈴木武蔵などが絡む攻撃陣は今シーズンも相手チームを苦しめそうです。

両チーム共に非常にアグレッシブに点を取り合う形となった開幕戦。
2020年シーズンのJリーグも非常に楽しみですね。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA