選手層の厚み、シュート精度が勝負の決め手に。川崎フロンターレが横浜FCにアウェーで快勝

横浜FC-川崎フロンターレ

横浜FCのJ1昇格に伴い、横浜ダービーとなった一戦。
大差がつく試合となりましたが、その要因は選手層の厚さ、シュート精度の差であったように思われますね。

前半は両チームともにほぼ互角の展開でした。
先制点は川崎フロンターレでした。左シドから鮮やかなボール回で右サイドへ展開し、ゴール前のレアンドロ・ダミアンへピンポイントのクロスボール。

この時点でほぼ決定的なシーンでしたが、ヘディングがゴールバーをたたき、こぼれ球を脇坂泰斗が押し込み先制。

一方の横浜FCも前半のうちに田代真一がゴールを決め、同点に追いつきます。

試合が多く動いたのは後半戦でしたね
後半15分過ぎに小林悠、三苫薫を投入すると、チームの攻撃のエンジンが加速したように感じました。

2点目のPKにつながるドリブルのプレーはシミュレーションのような気もしますが、そのあたりも試合巧者ぶりが目立った川崎フロンターレでしたね。

その後もセットプレーなどで得点を重ねながら、山村和也、守田英正など日本代表経験者を投入し、ゲームをうまくクローズしたのではないでしょうか。

試合を通じてボールポゼッションはほぼ5分5分と横浜FCも川崎フロンターレ相手に健闘を見せましたが、シュート精度の面では川崎フロンターレが枠内シュート10本に対して、横浜FCは枠内シュート2本と、決定機、シュート精度の差があった試合のように思えますね。

次節のゲームも非常に楽しみです。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA