大島僚太の緩急をつけたパス交換からの鮮やかなミドルシュートにガンバ大阪は惜敗

ガンバ大阪-川崎フロンターレ

ガンバ大阪のホームで行われた一戦。
お互いのチームの良さが現れた一戦でしたが、その中でも唯一のゴールを奪った大島僚太のプレーはさすがと言わざるを得ないでしょう。

そのゴールシーンは後半でした。
ガンバ大阪の最終ラインとボランチの間でボールを受けた大島僚太は味方の動きを見ながらドリブルを開始します。

そして左サイドにポジションを取った三笘選手へスローなパス。

と同時に自身はフリーでボールを受けられるポジションへ動き直します。

ボールを受けた三笘選手はドリブルでカットインしながら、相手を引き付け大島選手へボールを預けます。

ここまでのボールの動きはそれほどスピーディーとは言えない流れでしたが、そのリターンパスを受けた大島僚太はダイレクトでニアサイドをつく強烈なシュートを叩き込みます。

ガンバ大阪のキーパー東口選手もパス交換とシュートスピードのギャップが大きかったのか、タイミングが取る事が出来ず、鮮やかな決勝点となりましたね。

リーグ再開から好調な川崎フロンターレ。
今シーズンはこのまま突き進む事になるのでしょうか。

次節も非常に楽しみです。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA