コッパイタリア準々決勝チャルハノール、ラファエルレオンの活躍によりACミランはトリノを下す

ACミラン-トリノ

イタリア杯準々決勝
ACミラン対トリノの一戦
ACミランは冬の移籍市場でイブラヒモビッチを迎え、チームが勢い付いている感じがしますね。

ACミランの前線にピョンテク、レビッチは配置するフォーメーションで試合に挑みます。
試合は序盤からサイドからの突破でチャンスを作り出すミランが押し込む展開が続きます。

延長までもつれ込んだ試合を通じて豪快なプレーを見せてくれたのはACミランのNo10トルコ代表、チャルハノール、No17ポルトガル代表FWラファエルレオンでしょう。

ラファエルレオンに関しては後半途中から出場し、大柄ながら非常に器用かつスピーディーなドリブルで再三サイドを突破し、得点機を演出していましたね。

試合はチャルハノールの2ゴールもあり、延長戦の末にミランが4-2で勝利を手にしています。

イブラヒモビッチが加わったACミラン。
準決勝の戦いも非常に楽しみですね。

ゲームハイライト



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA