ユベントスは組織的な崩しからイグアイン、ディバラのゴールによりアタランタに逆転勝利

ユベントス-アタランタ

国際Aマッチウイーク明けのセリエA。
リーグ首位を走るユベントスはアタランタとの一戦を迎えます。

両チーム共に今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグに出場する強豪チーム同士の一戦。

前半はアタランタのペースで試合が進みます。左サイドを起点としてチャンスを何度も演出するアタランタ。

前半PKを獲得するもののこれを外してしまい、先制点を逃してしまいます。
たらればですが、このPKが決まっていれば違った展開になっていたかもしれません。

しかし、その後もアタランタの攻撃陣はユベントスゴールに迫り、後半に右サイドを崩し、センタリングから先制ゴールを決めます。

一方のユベントスはクリスティアーノ・ロナウドが出場メンバー外の事もあり、なかなかゴールが遠い状態が続きます。

セリエAの王者であるユベントスは後半から底力を見せてくれます。
ディフェンスラインからのビルドアップは非常にスピーディーで、足が止まりつつあったアタランタを徐々に揺さぶるようになります。

その後サイドチェンジとオーバーラップにより右サイドを立て続けに崩し、イグアインの2ゴール、ディバラのだめ押しゴールで結果は3-1

攻撃陣の力強さ、個人能力の高さが目立つユベントスですが、この試合は組織的な攻撃力を見せつけてくれたユベントスでしね。

ゲームハイライト


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA