スソの華麗なアシストなどによりACミランはボローニャを下す

ボローニャ-ACミラン

ボローニャのホームで行われたACミランとの一戦。
日本代表富安選手もスターティングメンバーに名を連ねます。

先制点はアウェーのミランでした。
左サイドを突破したポーランド代表FWピョンテクがペナルティーエリア内で倒されPKを獲得。
若干シミュレーション気味のような感じもしますが、転びかたが上手かったのかもしれません。

これをピョンテク選手自身が沈めて先制しています。

追加点もACミランでした。
スペイン代表スソが中盤右サイドでボールをキープし、相手ディフェンスを揺さぶります。
スソがディフェンス一人を交わし、ボローニャディフェンスがスソの突破を警戒し、ボールへとプレスをかけにいったところをスソから見事なスルーパス。

これを逆サイドから走り込んだ選手が押し込み2点目を上げています。

このスソ選手の一連のプレーはさすがと言わざるを得ないようなプレーでしたね。

後半は両チーム点の取り合いとなるものの、終わってみれば3-2でACミランの勝利。

富安選手は最後の失点に絡むクリアミスをするなど、あまり見せ場を作ることは出来ませんでしたが、次節からの活躍に期待したいですね。

ゲームハイライト


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA