ベルギー代表ルカク 2ゴール1アシストの活躍によりインテルはジェノアに快勝

インテル-ジェノア

インテルのエースであるベルギー代表ルカクが好調ですね。

ジェノアをホームに迎えてのセリエAの一戦。
インテルはトップに入るFWルカク、またイタリア代表MFセンシなどを中心に序盤からジェノアゴールへ迫ります。

先制点はホームのインテルでした。
ペナルティーエリア内でポジションを取ったルカクに対し、右サイドからピンポイントのクロスボールが入ります。

ゴールまで少し距離があったのですが、ルカクの全身の筋力を活かし、身体をひねりながらヘディングシュートをゴール左隅に決めています。

続いてのゴールもインテルでした。
左サイドからのスローインをルカクがジェノアディフェンスを背負いながらペナルティーエリア内でボールを収めます。

この時点でほぼ決定的なチャンスを手にしたインテルは2列目から効果的な飛び出しをした選手にルカクがお膳立てのパスを遠し立て続けにゴール。

非常にシンプルなプレーですが、このような点の取り方が出来るのはルカクの強みと言えるでしょう。

後半に入ってもインテルの勢いは止まりません。
PKで1点を追加すると終了間際には再度ルカクが左サイドからシザーズを交えてカットイン。

ディフェンスを交わし、強烈なシュートを決めています。

終わってみれば4-0でインテルの圧勝となりました。
クリスマスウィークを控え、好調を維持する今シーズンのインテル。セリエAの優勝争いの行方が非常に楽しみですね。

ゲームハイライト



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA