元スウェーデン代表イブラヒモビッチ復帰後のゴールでACミランはカリアリに快勝

カリアリ-ACミラン

元スウェーデン代表イブラヒモビッチがACミラン復帰後の初ゴールを決めています。

かつてはセリエAのユベントス、インテル、ACミランでスクデッド獲得に貢献したイブラヒモビッチがこの冬の移籍でACミランに戻ってきています。

38歳となりかつてのようなスピーディーな動きは期待できないものの、やはりその存在感は際立っていますね。

前半のシーンでは、中盤左サイドの辺りから逆サイドのゴールエリア付近に上がったクロスボールに対して持ち前のフィジカルを活かし、高い打点からのヘディングシュート。
惜しくもゴールポストに阻まれますが、得点の雰囲気を感じさせてくれます。

そして1-0のACミランリードで迎えた後半には左サイドからのグラウンダーのセンタリングをペナルティーエリアの辺りから左足でダイレクトで流し込み、移籍後初戦で見事ゴールを決めています。

あれだけ大柄な選手でありながら足元のテクニックもあり、対応するディフェンダーは気の抜けないやっかいな選手と言えるでしょう。

今シーズンも優勝争いから大きく引き離されている名門ACミランですが、イブラヒモビッチの加入により息を吹き返す事が出来るのか注目していきたいですね。

ゲームハイライト


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA