第96回高校サッカー選手権 優勝予想

今年も年末が近づいてきた。年をとったせいか一年が経つのが本当に早くなった気がする。

年末恒例の高校サッカー選手権も組み合わせが発表され、いよいよ開幕といった雰囲気である。

筆者は高校サッカー選手権に出場した経験は無いため、出場を控えた選手達が正直羨ましくてたまらないのだ。

ここで筆者の目線で今大会の優勝予想や注目チーム等ご紹介していきたい。

まずは優勝候補のチームであるが、やはり何といっても本命は青森山田高校ではないだろうか。昨年も優勝してるチームであるため、若干つまらない予想に感じられるかもしれないが、去年の戦力以上を持つ強豪校であることには間違いない。

プレミアリーグでも好調を維持し、Jリーグ内定選手を2名揃える豪華な選手層は今年も健在だ。
神戸内定の郷家選手の得点力に注目してみたい。

対抗は・・流通経済大付属高を推したいところだが、順当に勝ち上がると早い段階で青森山田との試合になってしまう。今季の成績等をみてみるとやや青森山田優位か。逆に山田戦を勝ち上がると今期プレミアリーグ昇格も決め波に乗るチームが頂点まで駆け上がる可能性は高い。

ほかに対抗に推したいのは東福岡、前橋育英、大阪桐蔭といった高校だろうか。特に大阪桐蔭に関しては今まで実力を評価されながら激戦区大阪ということもあり、選手権出場が遠のいていた。プリンスリーグでも安定した戦いを見せており、実力は十分だ。

今年は久々の出場であり、爆発を期待したい。

優勝候補とまではいかないが注目チームとして長崎総付、富山第一が挙げられる。長崎総附のエースのセレッソ大阪内定 安藤選手はユース代表にも名を連ね、破壊力抜群のストライカーである。波に乗れば頂点までいくのではないかと期待される。
富山第一もプリンスリーグで好調な戦いを見せており、こちらもフォワードに破壊力のある選手が揃っており、活躍が期待される。

いずれにしても年末が待ち遠しい今日この頃である。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA