注目19歳FWハーランド、サンチョらのゴールでドルトムントはフランクフルトに圧勝

ドルトムント-フランクフルト

この冬にドルトムントに加入したノルウェー代表FWハーランドがまたしてもゴールを決めています。

フランクフルトに所属する長谷部、鎌田の両日本人選手はベンチメンバーに入ったものの、出場はありませんでしたね。

試合は自力に勝るドルトムントがシュート17本を放ち、4-0と圧勝しています。

試合全体を通じてビルドアップのミスが目だったフランクフルトの隙をドルトムントが抜け目なくつき、ゴールへと繋げていましたね。

ドルトムントはイングランド代表サンチョ、ベルギー代表アザール、ノルウェー代表ハーランドの3人を前線へ配置するフォーメーションで攻勢をかけます。

ハーランドはまだチームメンバーとパス交換などで噛み合わないシーンがいくつかありましたが、周りの選手がフォローしながらチーム全体でピッチを広く使い攻撃を繰り出してましたね。

特にサンチョに関しては非常に落ち着きのあるハイレベルなプレーで新加入のハーランドを上手く活かしながらプレーしている感じがしましたね。

ブンデスリーガの優勝争いも非常に混沌としてきており、ハーランド加入により勢いに乗るドルトムントが首位に立つ可能性もありそうですね。

ゲームハイライト



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA