ベルリンダービーはイビシェヴィッチの活躍によりヘルタベルリンの圧勝

ヘルタベルリン-ユニオンベルリン

コロナウィルスによるリーグ再開後のベルリンダービーの一戦。

コンディションを整えるのが難しい中ではありますが、結果は予想外の大差となりましたね。

この試合のマン・オブ・ザ・マッチはヘルタベルリンのワントップに入った元ボスニアヘルツェゴビナ代表のイビシェヴィッチてしょう。

左サイドからのセンタリングに対して鮮やかなヘディングシュートでチームに先制点をもたらし、圧巻だったの2点目のアシストでしょう。

自陣からの浮き玉のパスに対してハーフウェー付近で相手を背負いながらトラップで反転し、その直後に鋭いスルーパス。

このパスを受けたルケバキオが独走してゴールを決めています。

この一連のプレーにチームメイトの信頼が良く現れているように感じましたね。

188cmと大柄ですが、一つ一つのプレーがシンプルで正確で早い。
イビシェヴィッチのハイレベルなプレーにユニオンベルリンは翻弄された形になりましたね。

次節も非常に楽しみです。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA