エムバぺ2ゴールの活躍でPSGはアウェーでサンテティエンヌに圧勝

サンテティエンヌ-PSG

パリサンジェルマンが好調を維持していますね。
サンテティエンヌのホームに乗り込んでの一戦。
パリサンジェルマンはフランス代表エムバぺ、ブラジル代表ネイマール、イタリア代表イカルディを中心に攻勢をかけます。

先制点は右サイドを崩し、こぼれ球をボランチのパレデスが豪快にダイレクトボレー。
サンテティエンヌのゴールキーパーもそれまでファインセーブを繰り返していましたが、とうとうゴールを割られましたね。

その後サンテティエンヌの選手が危険なタックルで退場になり、勝負あった感がしましたね。
2点目はネイマールからのスルーパスをエムバぺが鮮やかに流し込みます。
圧倒的なスピードを持つエムバぺですが、ファーストタッチも一級品ですね。自分のスピードを落とすことなく、トップスピードのまま素晴らしいシュートを決めています。

その後イカルディのゴールに続いて、終了間際に再度エムバぺがドリブルで右サイドから切り込みシュートを決めています。
対応するディフェンダーも、ある程度エムバぺの動きを予測しているようですが、その圧倒的なスピードに追いつけない、という感じでしょうか。

ネイマールやイカルディの動きがスローに感じてしまうほどのエムバぺのスピード。
今後の活躍が非常に楽しみですね。

ゲームハイライト



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA