マンチェスターシティの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む。

640px Etihad Stadium - マンチェスターシティの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む。

イングランドプレミアリーグの強豪マンチェスターシティ

近年躍進を続けているマンチェスターシティ。
2021年-2022年シーズンはどのような展開になるのでしょうか。
名称グアルディオラ監督の戦略を考えてみたいと思います。

マンチェスターシティ所属の主なプレーヤー




2021年-2022年シーズン

2021年-2022年シーズンに向けて動き始めています。

2021年-2022年シーズンの主な移籍情報

主な移籍選手です。

【IN】
ジャック・グリーリッシュ MF 25 ← アストン・ヴィラ
ダリオ・サルミエント FW 18 ← エストゥディアンテス

【OUT】
セルヒオ・アグエロ FW 32 → バルセロナ
エリック・ガルシア DF 20 → バルセロナ

イングランド代表MFジャック・グーリッシュ、U-20アルゼンチン代表FWダリオ・サルミエントの加入が発表されています。
また、アグエロ、エリック・ガルシア両選手のバルセロナへの移籍が決まっています。
今後の移籍動向に注目ですね。

2021年-2022年シーズンの予想フォーメーション

現状の予想フォーメーションです。
 

manchester city 2021 2022 - マンチェスターシティの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む。
 
FWガブリエル・ジェズス、FWスターリング、FWフィル・フォーデンら昨シーズンの主力選手に加え、イングランド代表MFジャック・グリーリッシュが加わり、どのようなフォーメーションになるのか非常に楽しみですね。


2020年-2021年シーズン

2020年-2021年シーズンの主な移籍情報

【IN】
フェルラン・トーレス MF 20 ← バレンシア
ナタン・アケ DF 25 ← AFCボーンマス
ルベン・ディアス DF 23 ← ベンフィカ

【OUT】
レノイ・サネ MF 24 → バイエルンミュンヘン
ダビド・シルバ MF 34 → レアル・ソシエダ
ニコラス・オタメンディ DF 32 → ベンフィカ

レノイ・サネのバイエルンへの移籍が決まっていますね。

2020年-2021年シーズンの主なフォーメーション

manchester city 2020 2021 - マンチェスターシティの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む。
ダビド・シルバ、サネが移籍し、中盤、オフェンス陣に新たなスター誕生が望まれるところですね。
新加入のフェルラン・トーレスと共にユース出身のフィル・フォーデンは注目の選手の一人でしょう。
ディフェンスラインは今シーズンベンフィカから新たに加入したポルトガル代表ルベン・ディアスの活躍に期待がかかりますね。


2020年-2021年シーズンの主な試合結果・フォーメーション

UEFACL 2020-2021
・準決勝 パリサンジェルマン戦 ハイライト


・準々決勝 ドルトムント戦 ハイライト

2019年-2020年シーズン

2019年-2020年シーズンの主な移籍情報

[IN]
ロドリ MF ← アトレティコ・マドリード
ジョアン・カンセロ DF ← ユベントス
[OUT]
コンパニ DF → アンデルリヒト
ダニーロ DF → ユベントス

移籍金80億円とも言われる新加入のスペイン代表ロドリには注目ですね。

2019年-2020年シーズンの主なフォーメーション

FW     カブリエルジェズス
        (アグエロ)
  ザネ          スターリング
 (マフレズ)
MF デブライネ       ダビドシルバ

       ロドリ
      (フエルナンジーニョ)

DF ジンチェンコ         ウォーカー
    オタメンディ   ストーンズ

GK       エデルソン

ガブリエルジェズス、アグエロ、スターリング、デブライネを中心とした非常に攻撃的なサッカーを展開していました。
またディフェンスの中心であったコンパニの移籍に伴い、ストーンズの今後の活躍に期待がかかるでしょう。


2019年-2020年シーズンの主な試合結果

イングランドプレミアリーグ
・バーンリー戦 ハイライト


2018年-2019年シーズン以前のマンチェスターシティの内容は2ページ目にて



ヨーロッパ主要クラブの移籍情報・動向

スコットランドリーグ
セルティックFC
ベルギーリーグ
シント=トロイデンVV





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。