チェルシーの戦略は?メンバー・フォーメーションから読む

Chelsea defend corner - チェルシーの戦略は?メンバー・フォーメーションから読む

イングランドプレミアリーグの強豪の一角チェルシー

ロンドンをホームタウンとする強豪クラブチェルシー。2020年-2021年シーズンはどのような展開になるのでしょうか。
その戦略を考えてみたいと思います。

チェルシーはどのようなサッカーをするのか?

チェルシーのゴール集です。


チェルシー所属の主なプレーヤー



2021年-2022年シーズン

2021年-2022年シーズンの主な移籍情報

主な移籍情報です。

【OUT】
オリヴィエ・ジルー FW 34 → ACミラン

フランス代表FWジルーのミラン移籍が発表されています。
今後の移籍動向に注目ですね。


2020年-2021年シーズン

2020年-2021年シーズンの主な移籍情報

主な移籍情報です。

【IN】
ティモ・ヴェルナー FW 24 ← ライプツィヒ
ハキム・ツィエク MF 27 ← アヤックス
ベン・チルウェル DF 23 ← レスターシティ
チアゴ・シウバ DF 35 ← パリサンジェルマン
カイ・ハフェルツ MF 21 ← レヴァークーゼン
エドゥアール・メンディ GK 28 ← スタッド・レンヌ

【OUT】
ウィリアン FW 32 → アーセナル
ペドロ FW 33 → ASローマ

ドイツ代表FWヴェルナー、カイ・ハフェルツ、モロッコ代表MFハキム・ツィエク、チアゴシウバと続々と強力な新戦力の加入が決まっていますね。
またウィリアンのアーセナルへの移籍が決まっています。

2020年-2021年シーズンの主なフォーメーション

chelsea 2020 2021 - チェルシーの戦略は?メンバー・フォーメーションから読む

ウィリアン、ペドロの退団により、攻撃陣が大きく変わりそうですね。
新加入のドイツ代表FWヴェルナー、MFハフェルツを加え、イングランド代表エイブラハム、アメリカ代表プリシッチを中心とした攻撃陣となるのではないでしょうか。
ディフェンス陣に関してはチアゴ・シウバが加わり、より強固なディフェンスラインとなりましたね。


2020年-2021年シーズンの主な試合結果・フォーメーション

イングランドプレミアリーグ

第1節ブライトン戦

UEFACL2020-2021

決勝戦 マンチェスターシティ戦





2019年-2020年シーズン

2019年-2020年シーズンの移籍情報

今シーズンは監督交代にも関連して、かなりの出入りがありますね。

IN
クル・ズマ DF ← エヴァートン
ケネス・オメルオ DF ← レガネス
ルーカス・ピアゾン MF ← キエーヴォ
マリオ・パシャリッチ MF ← アタランタ
クリスティアン・プリシッチ MF ← ドルトムント
ケネディ MF ← ニューカッスル
ティエムエ・バカヨコ MF ← ACミラン
タミー・アブラハム FW ← アストン・ヴィラ
ミシー・バチュアイ FW ← クリスタル・パレス
マテオ・コヴァチッチ MF ← レアル・マドリード

OUT
ロバート・グリーン GK 引退
マルシン・ブルカ GK → パリ・サンジェルマン
ガリー・ケイヒル DF → 未定
イーサン・アンパドゥ DF → ライプツィヒ  ※レンタル移籍
エデン・アザール MF → レアル・マドリード
ゴンサロ・イグアイン FW → ユヴェントス
エドゥアルド GK → ブラガ (POR)
ルイス・ベイカー MF → デュッセルドルフ  ※レンタル移籍
オラ・アイナ DF → トリノ
トマーシュ・カラス DF → ブリストル・シティ
ダヴィド・ルイス DF → アーセナル

チームのエースであったベルギー代表エデンアザールがレアルマドリードへ移籍しました。
アブラヒム、バチュライといった選手にとっては、試合で活躍するチャンスと言えるでしょう。

またディフェンスの中心であった元ブラジル代表ダヴィド・ルイスのアーセナル移籍が発表されています。
今後のランパード監督の手腕に注目ですね。

2019年-2020年シーズンの主なフォーメーション

FW      ジルー
.     (タミー・アブラハム)
  ペドロ        ウィリアン

MF   コヴァチッチ   カンテ
.
      ジョルジーニョ

DF アロンソ          アスピリクエタ
    クル・ズマ  リュディガー

GK       ケパ

エデン・アザールの移籍により、オフェンス陣のポジション争いも激しくなってくるでしょう。

中でも注目はレンタル先のアストンヴィラから戻ってきたタミー・アブラヒムでしょう。190㎝を超える上背を持ち、得点能力にも磨きがかかってきています。
イングランド代表にも選出された経験を持つ注目選手の一人ですね。

ランパード監督はどのような戦略をとってくるのでしょうか。




ヨーロッパ主要クラブの移籍情報・動向





世界主要国の代表チームのメンバー・フォーメーション





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。