アーセナルの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む

Emirates Stadium - アーセナルの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む

イングランドプレミアリーグの強豪クラブであるアーセナル

ガナーズの愛称を持つイングランドプレミアリーグの強豪クラブアーセナルはどのような戦略を考えているのでしょうか?
メンバー・フォーメーションを予想してみたいと思います。

アーセナルとはどのようなサッカーをするのか?

アーセナルのゴール集です。




アーセナル所属の主なプレーヤー

2021年-2022年シーズン

2021年-2022年シーズンの主な移籍情報

主な移籍選手です。

【IN】
マルティン・ウーデゴール MF 22 ← レアルマドリード ※完全移籍での加入
ヌーノ・タヴァレス DF 21 ← ベンフィカ
アルベール・サンビ・ロコンガ MF 21 ← アンデルレヒト
ベン・ホワイト DF 23 ← リーズ・ユナイテッド
富安 健洋 DF 22 ← ボローニャ

【OUT】
ダビド・ルイス DF 34 → 未定
ダニ・セバージョス MF 25 → レアルマドリード ※期限付き移籍元へ復帰
ルーカス・トレイラ MF 25 → フィオレンティーナ ※期限付き移籍

イングランド代表DFベン・ホワイト、U21ポルトガル代表DFヌーノ・タヴァレスの加入が発表されています。
日本代表DF富安健洋の加入が発表されています。
活躍が楽しみですね。

2021年-2022年シーズンの予想フォーメーション

予想フォーメーションです。

オーバメヤン
ブカヨ・サカ
ウーデゴール
二コラ・ぺぺ
メイトランド・ナイルズ
ロコンガ
ティアニー
ガブリエル
ベン・ホワイト
富安健洋
ラムズデール
(ラカゼット)
(マルティネッリ)
(スミス・ロウ)
(リース・ネルソン)
(ジャカ)
(トーマス・パーティー)
(ヌーノ・タヴァレス)
(パブロ・マリ)
(ホールディング)
(ソアレス)
(レノ)

 
オフェンス陣は昨シーズンの主力メンバーであるオーバメヤン、ラカゼット、二コラ・ぺぺらが中心となるでしょうか。
ディフェンス陣に関しては新加入のイングランド代表DFベン・ホワイト、日本代表DF富安健洋、ポルトガルU-21代表DFヌーノ・タヴァレスらの活躍に期待がかかるでしょう。


2020年-2021年シーズン

昨シーズンはプレミアリーグ8位の成績で終えたアーセナル。
今シーズンはリーグ上位進出、またUEFAチャンピオンズリーグ出場権内の獲得を目指していきたいところでしょう。

2020年-2021年シーズンの主な移籍情報

主な移籍情報です。

【IN】
ウィリアン MF 32 ← チェルシー
ガブリエウ・マガリャンイス DF 24 ← リール・メトロポール
ルーナル・アレックス・ルーナルソン GK 25 ← ディジョン
トーマス・パーティ MF 27 ← アトレティコマドリード
ウーデゴール MF 22 ← レアルマドリード ※レンタル移籍

【OUT】
ルーカス・トレイラ MF 24 → アトレティコ・マドリード
メスト・エジル MF 32 → フェネルバフチェ

チェルシーからブラジル代表FWウィリアンの加入が決まっています。
2021年1月に8シーズンプレーした元ドイツ代表メスト・エジルのフェネルバフチェ移籍が発表されています。

2020年-2021年シーズンの主なフォーメーション

主なフォーメーションは以下の通りです。

FW         ラカゼット

MF オーバメヤン   セバジョス   ブカヨ・サカ
 (ウィリアン) (ウーデゴール) (ニコラ・ペペ)

     ジャカ    モハメド・エルネニー
   (トーマス・パーティ メイトランド・ナイルズ)

DF  ティアニー           ベジェリン
      ガブリエウ  ホールディング
       (ダヴィド・ルイス)

GK         レノ

新加入のFWウィリアン、DFガブリエウ・マガリャインスを加え、3シーズン出場から遠ざかっているUEFAチャンピオンズリーグ出場圏内を目指して戦う事になるでしょう。
アーセナルの新シーズンが楽しみですね。

2019年-2020年シーズン

昨シーズンはプレミアリーグ6位の成績で終えたアーセナル。
22年もの間アーセナルの監督を務めた日本でもおなじみのアーセンベンゲル監督が交代し、2018年シーズンよりスペイン出身のウナイ・エミリ監督が新しく就任しています。

2019年-2020年シーズンの主な移籍情報

IN
エミリアーノ・マルティネス GK ← レディング (レンタル元から復帰)
カルム・チャンバース DF ← フルアム (レンタル元から復帰)
リース・ネルソン MF ← ホッフェンハイム (レンタル元から復帰)
エミール・スミス・ロウ MF ← ライプツィヒ (レンタル元から復帰)
クリスティアン・ビエリク MF ← チャールトン(レンタル元から復帰)
ニコラ・ペペ FW ← リール
ダヴィドルイス DF ← チェルシー

OUT
ペトル・ツェフ GK 引退
アーロン・ラムジー MF → ユヴェントス
デニス・スアレス MF → バルセロナ

ラムジーとデニススアレスの移籍に伴い、多くのレンタル選手が呼び戻されています。
そして新加入選手の中で注目はコートジボワール代表のFWニコラ・ペペとチェルシーから加入の元ブラジル代表ダヴィドルイスでしょう。
良い補強だったのではないでしょうか。

また、ツェフが引退しています。時代の流れを感じますね。

2019年-2020年シーズンのユニフォーム

EH5640 - アーセナルの戦略は?メンバー・フォーメーションを読むshow?id=HvAiw44h95w&bids=123265 - アーセナルの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む

¥15,400 ~SOCCER SHOP KAMO
アーセナル伝統の赤白ツートンカラーです。
引き締まって見えますね。

2019年-2020年シーズンの主なフォーメーション

2019年-2020年シーズンの主なフォーメーションは以下の通りです。

FW      オーバメヤン

MF ムヒタリアン   エジル   ニコラ・ペペ

.    ジャカ    トレイラ

DF モンレアル        ベジェリン

.     ダヴィドルイス  ムスタフィ

GK       レノ

エジル、オーバメヤン、ニコラ・ぺぺの攻撃陣でいかに得点を量産できるかが鍵となってくるでしょう。
非常にスピーディーな攻撃が見られるのではないでしょうか。
新シーズンが楽しみですね。



ヨーロッパ主要クラブの移籍情報・動向

スコットランドリーグ
セルティックFC
ベルギーリーグ
シント=トロイデンVV






世界主要国の代表チームのメンバー・フォーメーション





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。