2021プレシーズンマッチ チェルシー所属のモロッコ代表FWハキム・ツィエクがトッテナム相手に2ゴールを決める活躍を見せる

Chelsea defend corner - 2021プレシーズンマッチ チェルシー所属のモロッコ代表FWハキム・ツィエクがトッテナム相手に2ゴールを決める活躍を見せる

2021-2022プレシーズンマッチ

チェルシー vs トッテナム

イングランドプレミアリーグに所属する両チームによるプレシーズンマッチ
チェルシーは前線にヴェルナー、ハフェルツ、ハキム・ツィエクを起用するフォーメーション、対するトッテナムは前線にソンフンミン、ルーカス・モウラ、ベルフワインを起用するフォーメーションで試合が開始します。

移籍交渉が取りざたされているトッテナムのエースFWハリー・ケインは出場しませんでしたね。

このゲームで最も印象に残るプレーを見せたのは2ゴールを決めたチェルシーのスターティングメンバーとして起用されたモロッコ代表FWハキム・ツィエクでしょうか。

1点目は味方選手が相手のパスをカットし、そのボールを受けたツィエクがハーフウェーライン付近からドリブルで独走。
ディフェンスのポジションを確認しながら、ペナルティーエリア手前から左足でゴール右隅に豪快なシュートを決めています。

そして後半には左サイドからのクロスボールのこぼれ球を身体を捻りながらまたもや左足でゴール右隅へ正確なシュートを決めています。
2ゴール共に簡単な得点ではないですが、ツィエクの軽快な身のこなしからの正確なシュートスキルは流石といったところでしょう。

その後トッテナムのFWルーカス・モウラ、FWベルフワインにそれぞれ1ゴールずつ決められ試合は同点で終えていますが、レギュラー争いのアピールに繋がったのではないでしょうか。

来シーズンのチェルシーの布陣・戦いに注目したいですね。
ゲームハイライト
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。