リバプールはセネガル代表マネのゴールで難敵ウォルバーハンプトンを下す。

リバプール-ウォルバーハンプトン

イングランドプレミアリーグ年内最後の一戦。
リーグ首位を走るリバプールはホームにウォルバーハンプトンを迎えます。

ホームの利を生かして序盤から攻勢をかけるリバプール。
前線のサラー、マネに後方のディフェンスラインからボールを供給し、シンプルですが、相手の嫌がる攻撃を繰り出します。

先制点はリバプールでした。
ハーフウェーラインの辺りから速いロングボールをゴール前へ供給。
このボールをペナルティーエリア内で受けたリバプールのアダム・ララーナが右肩の辺りでボールを弾き、マネにパスをします。

ゴールエリア付近でそのパスを受けたマネはダイレクトで強烈なシュートを放ち、ついにウォルバーハンプトンのゴールを揺らします。

スローで見てもハンドのファールをとられてもおかしくないプレーでしたが、ホームの地の利が働いたのかVARでも判定が覆る事なく、リバプールが先制点を上げます。

その後もリバプールのカウンターでサラーが好機を演出しますが、ウォルバーハンプトンの固いディフェンスに阻まれ、結局このまま1-0てリバプールの勝利となりました。

ウォルバーハンプトン注目のトラオレはこの試合はさほど見せ場を作る事が出来ず、世界No.1ディフェンダーのオランダ代表ファン・ダイクを中心とした固い守りを見せた試合となりましたね。

このままリバプールがプレミアリーグ優勝に向けて突き進む事になるのか。
年明けのリーグ戦も非常に楽しみですね。

ゲームハイライト


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA