FAカップ16強リバプール南野がゴールチャンスを迎えるもバークリーの50m独走ゴールなどでチェルシーに完敗

FAカップ チェルシー-リバプール

ベスト8をかけたイングランドFAカップの一戦
日本代表南野選手が所属するリバプールはアウェーでチェルシーとの戦いとなりました。

ホームのチェルシーは前線にウィリアン、ジルー、ペドロを配置するフォーメーション、リバプールはマネ、南野、オリジを前線に起用するフォーメーションで試合が開始します。

両チーム共にリーグ戦やチャンピオンズリーグを戦うベストメンバーとは言えない状態でもあり、序盤から少しミスが目立つ試合内容となった感じですね。

先制点はリバプールディフェンスのビルドアップミスからでした。

リバプール陣地でのパスカットから最後はウィリアンが豪快なシュートをたたき込みます。フリーキックではなかったのですが、強烈な無回転シュートがリバプールのゴールキーパーのファンブルを誘い、チェルシーが先制します。

その後はリバプールがボールを支配するものの、ゴールが遠い展開が続きましたね。
注目の南野選手も前半20分過ぎにゴールエリア内でゴールチャンスを迎えるものの、相手ディフェンスの素早い寄せに惜しくもゴールを奪えませんでした。

試合は後半にチェルシーのイングランド代表MFバークリーが50メートルを独走する圧巻のドリブルから鮮やかなゴールを決めチェルシーが勝利を手にしています。

かつてはドルトムントで香川選手を起用しリーグ優勝を果たしたクロップ監督。
南野選手も早くゴールを決め波に乗ってもらいたいですね。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA