マルシャルのハットトリックによりマンチェスター・Uはシェフィールド・Uに快勝

マンチェスター・ユナイテッド-シェフィールド・ユナイテッド

無観客の中で開催されたマンチェスター・ユナイテッド-シェフィールド・ユナイテッドの一戦。

マンチェスター・ユナイテッドは前線にフランス代表マルシャル、イングランド代表ラッシュフォードらを配置するほぼベストなフォーメーション。
一方のシェフィールド・ユナイテッドはマクゴールドリック、リス・ムセの2トップのフォーメーションで試合に挑みます。

マンチェスター・ユナイテッドの攻撃はほとんどがラッシュフォード、マルシャルを経由するパターンですね。

マルシャルに関してはセンターフォワードとしては当たり前かもしれませんが、あらゆるクロスボールに対して、相手ゴール前のわずかなスペースを見逃さず動き出し、正確なタッチからゴールを奪う辺りはさすがというところでしょう。

そして、3点目のシーンなどは、マルシャルとラッシュフォードのワン・ツーのパス交換、動き出しに、シェフィールド・Uのディフェンスがついていけていない様子が、オフェンス陣のクオリティーの差を感じさせてくれましたね。

両チーム共に優勝争いからは遠のいてしまいましたが、マンUは特にチャンピオンズリーグ出場権を得るためにも、残りの試合も注目です。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA