フランス・フットボール誌発表 サッカー界年収ランキングTOP10 メッシ、クリスティアーノロナウドに今後続くのは?

サッカー選手の収入ランキングTOP10がサッカー専門誌のフランス・フットボール誌より発表されています。

推計年度は記されていませんでしたが、時期的に恐らく2019年度のTOPでしょう。
上位に入るのはお馴染みのサッカー界、全スポーツ界を代表するスター選手となりましたね。
直近数年間はメッシ、ロナウド、ネイマールによってTOP3を独占してきています。

クラブからの年俸に加え、広告収入も含めての金額との事ですので、人気、実力共にまさに世界のスーパースターといっていいでしょう。

注目していきたいのは、今後のトップに名を連ねる可能性のある選手ですね。

4位ベイル、6位アザール、7位イニエスタ、9位レバンドフスキについては現在の年齢やクラブでの活躍状況からも今後のランキング上位進出は少し難しいかもしれません。

反対に8位スターリング、10位ムバッペの両選手については、まだ年齢的にも若く、これからの伸びしろを考えた時にトップに輝く可能性がある選手といっていいのではないでしょうか。

特にフランス代表のFWキリアン・ムバッペについては前回のワールドカップでブレイク以降、トップスター選手への階段を上りつつあるように思えますね。

また、現在新型コロナウィルスにより世界中の国々が困難な状況になりつつある現在ですが、メッシやクリスティアーノロナウドは病院などに多額の寄付を表明していますね。

このような行動の積み重ねがさらなる人気を呼んでいるのかもしれません。
これからトップを目指す若きアスリートもぜひ見習ってほしいですね。



【以下 ランキング表】
1位 リオネル・メッシ 1億3100万ユーロ(156億円) FW バルセロナ アルゼンチン代表
2位 クリスティアーノ・ロナウド 1億1800万ユーロ(141億円) FW ユベントス ポルトガル代表
3位 ネイマール 9500万ユーロ(113億円) FW パリ・サンジェルマン ブラジル代表
4位 ガレス・ベイル 3800万ユーロ(45億円) FW レアル・マドリード ウェールズ代表
5位 アントワーヌ・グリーズマン 3800万ユーロ(45億円) FW バルセロナ フランス代表
6位 エデン・アザール 3800万ユーロ(45億円)FW レアル・マドリード ベルギー代表
7位 アンドレス・イニエスタ 3400万ユーロ(40億円)MF ヴィッセル神戸 元スペイン代表
8位 ラヒーム・スターリング 3300万ユーロ(39億円)FW マンチェスター・シティ イングランド代表
9位 ロベルト・レバンドフスキ 2900万ユーロ(34億円)FW バイエルン ポーランド代表
10位 キリアン・ムバッペ 2700万ユーロ(32億円)FW パリ・サンジェルマン フランス代表


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA